白摘要

 

▼オイル 品質へのこだわり

 

私たちのこだわりは、他にもあります。

例えば、自社タンクでオリーブオイルを保管し、他社のオイルや濃度の薄いオイルと決して混ぜないこと。純度の高いオリーブオイルをお届けするために、すべて自社で管理しています。

また、オリーブオイルの搾りかすを再利用しないこと。

あまり知られていませんが、オリーブを一度搾った後に化学薬剤を使用すれば、もう一度オイルを搾ることが可能です。市場に出回っているオリーブオイルの中で極端に安価なものは、この2度目に搾ったオイルであることがほとんどでしょう。

しかし2度目の出がらし状態からとったオイルには、栄養価値はほとんどありません。それどころかトランス脂肪酸が発生して、人体に悪影響がある場合も…。

だから私たちは、搾りかすの再利用は絶対にしません。

最後に、オイル酸価について。

酸価は、高品質なオリーブオイルの一つの目安となる数値です。簡単に言うと、オリーブオイルの酸化しやすさを表しています。

国際オリーブ協会(IOC)が定めた基準は、0.8%。それに対して、Laconikoのオリーブオイルは0.17%です。※数字が小さいほど品質が高いとされる数値です。

更に一般のオイルは0.6%から0.8%が大半に占めているに対して,Laconikoのオイルはそれらよりも3倍低い,わずか0.17%なのです。

クオリティの高い、美味しいオリーブオイルを届けるためには、さまざまなこだわりと努力が必要不可欠です。

私たちは、こだわりぬいて作ったオイルが皆様に喜んでいただけることを、心より願っています。